ChargePouch (AWS vs BHI)

チャージポーチを比較してみ(ry




Δアイテムとしても人気が高いものの一つであるチャージポーチ。
ブリーチャーであれば抑えたいものではあると思いますが、
代表的な物としてはAWS製とBHI製があるようで。

AWS製はBHI製より基本デカい。でも同じサイズもある...らしい?

という大雑把な認識しか有していない私が
こんな記事書いていいものかとは思うのですが、

せっかくなので比較させて頂きました。



前回のAOR1(paraclete vs crye)に引き続き、
MIL.GORTON氏のご協力のもと実現しております。




GORTON氏のはBHI製、私のがAWS(謎)製です。

私のは
ウッドランド的な色味、ファステクスその他マテリアル、タグなし、
などなどAWSなんだろうなーと思っていますが、
正直断定するのは怖いのでAWS(謎)とさせてください。

まずは表と裏から。

AWS(謎)← →BHI



基本的な構造は同一となっています。

ストラップの端の処理は違うようですが、
大体の部分でステッチまで同一・・・。


並べて置いてみて、「アレ、そんなにデカさ変わらんね・・・」なんて言ってました。
確かにこの個体で言えばほぼ同サイズという感覚。


ファステクス形状はBHIのが丸っこい
AWS(謎)← →BHI



フラップを解放して比べてみると、AWS(謎)のが長い・・・。
AWS(謎)← →BHI


メスベルクロ位置が同じなのにフラップが長い
ということはAWS(謎)のほうが径がデカいんでしょうか...?


ということで内部構造もチェック。
BHI← →AWS(謎)


こちらも構造はほぼ同等ですが、
BHI製は各スロットの入り口まで縫われています。

ただ、径がデカいような印象は特に受けません。


ということは、
AWS(謎)のほうがより長いチャージを運用する想定で作られていた?
ということ? 

よく分からんです(



ということで各部を比較してみましたが、


ほぼ同じつくりでした(小並感



何かとまだまだ眼力が足りませんもので、
色々見落としポイントあるかと思いますが・・・。



何かの参考になればガラクタ記事の倉庫ブログとしては本望で御座います。

かしこ(Gorton氏リスペクト






同じカテゴリー(Notes)の記事画像
[Notes]Personal Gear Memorial
[Notes]SFChestRig and Reproductions
[Notes]DOAV
AOR1(paraclete vs crye)
AOR1(S&Graf vs Paraclete)
BLADETECH 補修
同じカテゴリー(Notes)の記事
 [Notes]Personal Gear Memorial (2017-07-03 16:35)
 [Notes]SFChestRig and Reproductions (2017-01-04 23:00)
 [Notes]DOAV (2015-07-20 22:50)
 AOR1(paraclete vs crye) (2015-04-07 00:23)
 AOR1(S&Graf vs Paraclete) (2015-03-26 23:58)
 BLADETECH 補修 (2014-04-09 20:46)

2015年04月14日 Posted by Hobbit  at 22:18 │Comments(0)Notes

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。