[Notes]DOAV

OEF初期およびOIF初期の時期に使われていたナイロンのうち、
AWSのΔチェストと双璧を成しているDOAV(個人の主観





3着ほど集まったタイミングがあったので
ここぞとばかりに並べてみました





後期型
タグ


シムニションらしき跡があるものの、全体的にカスタム痕なし。


背面のALICEループもきれいに残ってます。
ブットパックは下部のみ残存。




初期型
財布泣かせの鳥タグ


ポーチ切除とか穴開け加工とかが散見されるものの、"異物の縫い付け"は見られず・・・。
ただ、実は左肩部分の調節機構が縫い付けられているという。。。


背面もきれいさっぱり。
やっぱり背面のALICEループとファステクスは邪魔なんでしょうか。




中期型? ?
中期なんてものがあるのかどうか、正直ちょっとよく分からないす・・・。
タグは新タグ。でも構造は初期型。


例のごとく左端のマグポーチのフラップにラジオアンテナサイズの穴が。


背面は下段ブットパック用のファステクスは上下ともに現存、上段ブットパック用はなぜか中途半端に下側だけ・・・


あとこれ、単純に使い込まれ過ぎたのか、タンスプレーで塗りつぶし過ぎたのかは分かんないですが

なかなかハードコアなオイニーが・・・。
洗いたい・・・。



各部比較

初期と後期

ステッチはほぼ同じで
ポーチのデカさもポーチ内部の構造もほぼ同一
年月によるものなのか、そもそもの素材によるものなのか、
生地の色合いが違いますね。手触り的には初期型のがちょっとザラついた感じ(個人の感想


あと特徴的なショルダーパット
そもそも大きさが違うので後期型の着こなしには相応の体格が必要
結合部の構造も初期型は背面部をフロント部の上に被せる方式で、
後期型は逆に背面部の上にフロント側を被せる方式

中期型(謎)はこの 部分が初期型と同じ構造の癖にタグは後期



胸部裏側の謎エラスティックは初期→黒、後期→OD。
裏面ポケットの生地も初期→OD、後期→ウッドランド






以前某所で拝見させて頂いた初期物はこの3着よりもっと肩パッド小降りだったような印象。

初期中期後期なんて大雑把なものじゃなくて、より細かい仕様差があるんじゃ・・・

と勝手に思ってます。







行けば行くほど

「魔窟以外の何物でもない」っていうの を実感するんですが、

Old Schoolにはホントに底がないようです・・・。









同じカテゴリー(Notes)の記事画像
[Notes]Personal Gear Memorial
[Notes]SFChestRig and Reproductions
ChargePouch (AWS vs BHI)
AOR1(paraclete vs crye)
AOR1(S&Graf vs Paraclete)
BLADETECH 補修
同じカテゴリー(Notes)の記事
 [Notes]Personal Gear Memorial (2017-07-03 16:35)
 [Notes]SFChestRig and Reproductions (2017-01-04 23:00)
 ChargePouch (AWS vs BHI) (2015-04-14 22:18)
 AOR1(paraclete vs crye) (2015-04-07 00:23)
 AOR1(S&Graf vs Paraclete) (2015-03-26 23:58)
 BLADETECH 補修 (2014-04-09 20:46)

2015年07月20日 Posted by Hobbit  at 22:50 │Comments(0)Notes

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。